新人看護師の転職や求人はどうなっている?

看護師の転職情報は時期などに関係なく一定数が常にあると言われることが多いのですが、中でも求人情報が多くなるのが、夏になるのだそうです。これは夏に病院を辞める看護師が多いことから言われることで、中でも深刻なのは新人ナースの離職だそうです。


新人看護師は何をきっかけに辞めてしまうの?

離職をする看護師の一部には、ナースとしてやっていけないという自信喪失状態の人もいるそうです。給与面でも他の仕事よりは多少多いと言われていますが、それでも精神的、体力的な負担は通常の仕事の数倍以上といわれる現場で働いているナースにとって、新人にかかるプレッシャーなどは非常に大きいものがあると言われています。東京、大阪などの大都市でもこの問題はどこの病院も抱えています。


最初の3年が非常に大切といわれるナース業界

看護師の世界では、最初の3年を過ぎると新人としての扱いはほとんどしてもらえないそうです。そのため、つらくても最初の三年は同じ病院でスキルを積むことをすすめられるのですが、新人研修がまるでない病院などの場合、新人にかかる負担ばかりが大きくなってしまうケースがあります。このような場合、研修体制の整っている病院で、気持ちを新たに安心して看護の仕事に向き合うことも考えたほうがいいそうです。

Posted in 看護師 求人 大阪 | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.