看護師としての武器をたくさん持っておく

看護師として生活していくためには、看護師として時として他の人を出し抜くこともしながら戦っていくことも必要になるかもしれません。
出世競争などとはあまり関係のない業種かもしれませんが、時にはいさかいに巻き込まれることもあるかもしれませんし、上手に周りの人と接していく能力は求められるでしょう。その能力はコミュニケーション能力だけにとどまらず、看護師としての看護能力が高いとそれだけ仕事ができる評価を受けるので、端的に言って有利です。
女性が9割と言われている看護業界。その業界内で生き抜くにはやはり武器が多いに越したことはありません。


看護師はやはり体力勝負

例えば人の多い東京や大阪での勤務ならなおさら、急患や重病、重症の患者の対応を求められるので忙しいです。
ただでさえ、看護師は時間の融通が利かない仕事で、夜勤の頻度も高い仕事です。それらにしっかり対応するには、体力が必要不可欠です。体力の自身の無い人はもっと規模の小さな職場、小さな地方の病院を選んで就職するか、そういったところの求人情報を絶えずチェックしておきましょう。
きつい仕事にも、嫌なことにも耐えるとやはり体に響きます。体と心、脳もつながっているのでどれかひとつの要素を欠いても上手に機能しません。そういったイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、看護師は体力のいる仕事だということを頭に入れておきましょう。


精神力も多く求められる

精神力を求められる仕事でもあります。上司との関係の取り方も別業種とは違ったものを求められますし、同僚との距離の取り方、お客さん、つまり患者さんとの接し方もとても難しいものです。
忍耐を求められることも多くあります。耐える、という行為にも多くのバリエーションがあり、それをあらかじめ知っておくことも看護師として戦っていく上で大切なことです。医療現場は戦場です。そこで働く看護師もまた、戦場で働く兵士なのです。
看護師としての知識やノウハウは、戦場で動き回る兵士でいうところの武器に他なりません。武器をたくさん携えない兵士が存在するでしょうか。それは紛れもない自殺行為で、それでは身を守ることもできませんし、上官に認められる働きをすることもできません。
看護師として働くことは、辛く苦しいことの連続です。それらに日々晒されていると、気を病んでしまうことは避けられません。その時に求められるのは体力で、精神力です。その両方を兼ね備えてこそ、一流の看護師です。

Posted in 看護師 求人 大阪 | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.